世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、看護師としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。

看護師の仕事を退職したいと考えている人は、現に、ずいぶんな数になっていると言えるでしょう。その一番の理由としては、厳しい労働で体の調子が悪くなってしまったり、給料が不満であったり、複雑な人間関係で追い詰められてしまったりなどが大方です。看護師と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、もはや看護師なしの病院などあり得ませんし、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。病院は24時間休みなく動いていますから、看護師も24時間、とぎれなく勤務します。そういうりゆうで、業務は日勤と夜勤と言う形に交代しながら働く形になります。夜勤業務があるので、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。勤務や休みをある程度自由にすることができ、したい仕事をおもったより自由に選択可能、と言うのが派遣と言う形で働く看護師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。単発の仕事あり、短期のものもあり、長期の仕事もむろんあります。なにしろ、自分の条件に合わせて選択すると良いですから、今現在、仕事を探している人は望めば派遣で働くこともできる、と言うことも考慮に入れて職を捜すのも一つの手です。看護士を志望する動機は、実際に何をきっかけとして看護師になりたいと思ったのかを加えることで印象が良くなります。転職に関しての志望動機は、今までに培ったスキルを生かしたい、多くの人の役にたてるように更に技術を身につけたいなど、前向きな印象を与えるものにするべきです。前の職場の不満や嫌だったことなどの悪口はいわないようにすることが重要です。最近多い二交代制や三交代制などの勤務形態、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようになりますが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くのでまだ経験が浅ければ、殆どの人がシフト勤務になるはずです。私の話になりますが、妻が看護師としてシフトに入っていましたから、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので苦労したおぼえがあります。少し長く看護師をしてきておりますが、ちょっと気になることがあって、看護師と言うのは喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。さすがに禁煙(最近では、喫煙できるスペースがかなり減っていますね)、分煙のおみせも増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、看護師としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。しかし、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。また、お酒の席での看護師立ちの酔いっぷりといったら羽目を外しすぎると言うか、詳細は申せませんが、おもったよりのものです。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。高校入学時に衛生看護科に進むと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、最速で看護師になれるでしょう。ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更は困難なものです。それに、最低で5年あれば試験をうけることが出来ますが、期間が短いことが理由で勉強するり、実習をこなす量が少なくて試験に合格するのが簡単ではないと言う面もあるそうです。他の一般的な職業と、看護師の収入などをくらべたデータによると、平均年収と言う点ではなんなく看護師が上回りました。医療に関わる職場において一定数以上の需要が常に見込まれるので、例え不景気下であっても、年収額が大聞く落ちることがない、と言うような大きなメリットがあると言えるでしょう。さてそんな看護師ですが、給料は良いものの、ただ働きであるサービス残業(規定の労働時間をこえて労働することをいいます)が蔓延している等、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、カレンダー通りに週末祝を休みにすることもできます。病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになるりゆうで、外来勤務に変えると、週末を休みにできるでしょう。予定にない急な出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、でも大体、週末祝日の休みは固いです。他には、個人の病院で入院施設がなければ、多くの場合は週末は休みでしょう。気になる看護師資格の難易度ですが、どのくらいのレベルになるのでしょうか。調べてみると、看護師国家試験の合格率は平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。内容もそれまでの学校生活で普通に勉強していた人だったらそんなに難しい試験ではありませんので、特別に高難度な資格ではありません。