看護師と准看護師の二種類があるのです。

看護師にとって楽にこなせる病棟としては、採血室が代表的です。透析、採血、献血など、特殊なしごとのみをおこなう配属先です。献血センターなども当てはまります。ベースは同じ作業の繰り返しで採血のテクニックが上達しますし、人の命を左右するようなしごともほとんどないです。どの科でも採血を必要とするケースが多いので、どの科に配属されても役立つ技能です。24時間対応がもとめられることの多い、看護師というしごとの勤務時間についてですが、案外、ある程度自由にできる面も無いわけではありません。勤務表、つまりシフト次第ではありますが、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、小さな子供がいる人でもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、ともあれ働き続けていられるという事は、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。看護師の資格は正確に言えば、その免許には、看護師と准看護師の二種類があるのです。一般的に、准看護師免許をもつ人は、次のキャリアステージに進む為に、看護師の免許を取るべく努力します。准看護師と看護師をくらべると、専門知識の差のみならず、待遇面でもすごく差が出ます。昔は男性の看護士に限定して、士という文字が使われていました。ところが、今は男性の看護師や女性の看護師でも、看護師という職業に従事しているならば、師を使うように変更されています。看護師、看護士を同時に使用していると、曖昧で分かり辛いので、統一されたと思われます。看護師が上手く転職をやり遂げるには、将来の思い描いて早い時期に行動することが必要です。加えて、何を決め手とするのかを考えておいた方がいいでしょう。将来何になりたいのかを明瞭にして、そのイメージに合った転職先の情報を少しずつ蒐集して頂戴。年収、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件も想定しておきましょう。一般的に見ると大変だと思われる看護師ですが、勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。病院勤務で、二交代制だった場合、休憩を挟むとは言っても、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、看護師というしごとがキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。看護師とは病院等の多彩な医療機関でとても大事な役割を担っております。ですが、ほとんどの病院や医療施設ではその看護師の不足に悩んでいるのが現状となっているんです。未だに、医療の場では、看護師不足の現状を全く解消していません。この先は、わずかでも早くこのような問題を解決する必要があるでしょう。交代勤務を代表に看護師のしごとは多岐に渡って厳しいものなのですが、特別に気を配る必要があるしごとが、申し送りです。入院患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は異なるものですし、治るかどうかも違ってきます)の健康状態や薬の管理までを全て理解し、しっかりと申し送りをする看護師に引き継がなくてはいけません。それほど重要でない情報もあるとは言え、医療的に重要な処置等に関しての申し送りは重い責任のしごとだと言えます。看護師のしごとを退職したいと考えている人は、実際にすいぶんな数になってしまっています。最も大きな理由としては、きついしごとで体調が悪くなってしまったり、給与について不満に思っていたり、現場の複雑な人間関係で追い詰められてしまったりなどが大半です。意外に思うかもしれませんが、医療機関以外に看護師として働ける職場に保育園がある事をご存知ですか?実際に保育園で働くとなると、子供好きの看護師には、理想的な職場だと思います。保育園でどのようなしごとをするかと言うと、子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、健康に過ごせるように保育士のしごとを支援するという働きがいのあるしごとです。